​Mayumi Shimura

新潟県生まれ。武蔵野美術大学卒業。

株式会社サンリオにて企画制作部に勤務の後、フリー。

日本児童出版美術家連盟会員。

子育て支援拠点での活動中に 絵本作家のきむらゆういち先生に出会い、

子供向けの絵本について学ぶ。

現在、保育雑誌や絵本に絵やお話を描きながら、小さい子ども向けの

美術教室などの仕事も手がけている。

​これまでにママ友でもあるミュージシャン木村真紀さんの

子ども向けコンサートに作詞、パネルシアターや伴奏で参加。

CD「小さな贈り物」「ごじゅごじゅごじゅうおん」に作詞&イラスト提供。

松蔭大学生活心理学科保育士養成コースの美術担当の非常勤講師などを経験。

海沿いの町に生まれ、その後、林や原っぱのある町に移り住んで、

数々の自然遊びを体験した子ども時代が 創作の原点。

子ども達が楽しくなることを考えて一緒に遊ぶこと・作ることも大好き。

わくわくした体験を作品作りに生かしています。

<作品の一例>

「どんぐりころころそのあとは・・・」(新日本出版社)   

「ワンダーブック」(世界文化社)

「チャイルドブックジュニア」(チャイルド本社)

「スキップ」(株式会社メイト」

「ひかりのくに」(ひかりのくに株式会社)

「キンダーブック」(フレーベル館)

「にこにこぽかぽか」(今人舎)のお話のひとつ「ボクのとうちゃんせかいいち」

© 2019  Shimura Mayumi All right reserved

  • ブラックInstagramのアイコン